This Category : 内壁

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

内壁塗りが行われていました♪

2008.06.16 *Mon

6月10日(火) 
照明の台座を運び忘れてしまったのを持っていかなくちゃいけないのと、
ローンや登記の関係で 「そろそろ住民票の移動をしてください」と言われたので 
住んでるところと 引越し先の両方の役場へ行き、現場にも行ってきました。


 + + + 輸入住宅 Rankingへ

前に運んだ照明の記事→http://catshouse.blog118.fc2.com/blog-category-13.html

忘れていた台座ですが、「絶縁台も用意しといたほうが良い」と言われ
買っておいたのですが、上の記事を見ていただくと分かるのですが
木のまんまの色でして、照明の色と違い過ぎるので、塗ることにしました。
それで別に置いていて、運び忘れたという訳です。(^^;

塗るにしても、うちにも塗料は色々あるんですが、
これ一つのため塗料で塗るのは、ちょっと面倒だなーと思ってたら
「マジックで塗っちゃう?」という 夫のアイデア!!
黒い太字の油性マジックで 塗ってみました。(^^ゞ
そして現場へ運んでおきました。 はたして、これで良かったのか?悪かったのか?

IMG_4022d.jpg


現場では
2階の壁にも エコ・ウォールが塗られていました。
IMG_4022a.jpg


それから
1階の壁も エコ・ウォールで塗られていました。
IMG_4022b.jpg

まだ乾いていないようで、乾くと色合いは違ってくると思います。


試し塗りされたトイレ、いい感じになっていました。
トイレも付いて、アイアンのトイレットペーパーホルダーも取り付けられていました。
標準で付くペーパーホルダーで、かわいくて好きなんですが
紙押さえがないので、使い勝手はどうかな? 
展示場で使った時も、「悪くない」と思ったんですが・・・
ただ紙の交換はしやすそう(^^♪

IMG_4022c.jpg



一時的かもしれませんが、皆様のお陰で4位内に入れました! 
ありがとうございます! 引き続きポチっとして下さると
↓更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

スポンサーサイト
CATEGORY : 内壁
THEME : 家作り日記 / GENRE : ライフ
DATE : 2008/06/16 (月) 10:17:50
COMMENT (4)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

現場で内壁塗りのパターン確認しました♪

2008.06.13 *Fri

6月6日(金) 
内壁塗りのパターン確認に現場へ行きました。

 + + + 輸入住宅 Rankingへ

残念ながら行けなくて見れませんでしたが、すでに内壁の下地塗りもされて乾いていました。
石膏ボードが見えなくなって、部屋らしくなりました。

IMG_3830a.jpg

室内ドア枠も Livosのカルデット270 ホワイトで塗られています。


まだ下地塗りの段階ですが、階段の仕切り壁の感じも なかなか良い雰囲気です。
2階は白い壁材で塗られますが、階段を含めて1階部分は、汚れに神経質にならず
リラックスして生活したいので、白ではなく黄色く塗ることにしていますが
こうして見ると 白壁も素敵ですね。わほー

IMG_3830q.jpg


分かりにくいのですが、角っこにアール仕上げ用の
部品が取り付けられているのが、透けて見えます。
IMG_3830c.jpg

窓まわりや壁の角っこは、基本的にアールで仕上げられることになっています♪

IMG_3830r.jpg

このアールの部分や、隅っこや角っこなど細かい部分は
コテ塗りする前に、刷毛で塗られていました。
この方が 全部コテで塗るより 綺麗にアールが出るそうです。

階段のアールの部分も 刷毛で塗られました。

IMG_3830p.jpg


いよいよ塗りのパターン確認です。狭い部屋の一面で試し塗りしました。

IMG_3830d.jpg  IMG_3830s.jpg


ビルダーの展示場で見た壁の ケーキのデコレーションのような塗り方が気に入って 
担当さんには そのパターンでと お願いしていましたが

展示場は、違う職人さんたちが塗ったようで 
うちに来た職人さんは、その展示場の塗り壁も見たこともないらしく

イメージを伝えるのが大変でしたー。下手な説明に首をかしげながらも
何度も塗りかえしてくれて・・・ でも同じようにはならなくて・・・。 

でも我が家は、それ程うるさくこだわったり、執着するほうじゃなくって
ゆるゆると大らかに家作りしていきたいと思っているので

全く同じにならなくてもいいかなと、試し塗りの中から
「これならOK」というパターンで 塗ってもらうことにしました。

分かりにくいんですが、こんな感じです。 
塗った後だんだん コテ跡も ゆるむ?崩れる?伸びる?とろける?とかで
乾くと コテ跡は数割ぐらい目立たなくなるそうです。

IMG_3830f.jpg

IMG_3830g.jpg

IMG_3830h.jpg

写真では分かりにくいですが、3枚目のが展示場で見たものに近いかな
「コテ目は小さすぎなくて もっとラフに塗って 気泡のような跡が残るようにと」説明していると

どうやら うちの希望しているのは 力を入れず ゆる~い感じで 左官屋さんから見れば 
適当に塗ったかのようなもののようで、キチンとした塗り方じゃないようでして

「職人は いい加減に塗るのが難しいんだよね」と、親方が笑ってました。
めんどくさいことを言ってスミマセン絵文字名を入力してください

天井部分から本塗りが始まりました。首や肩が痛くならないのかな?
見てると スーイスイっと手早く ラクラクと塗っているように見えます。

IMG_3830i.jpg IMG_3830j.jpg


塗りたては グレーっぽく見えました。
IMG_3830k.jpg


この大量に置かれていた袋の粉が、使われたようです。
IMG_3830o.jpg


有限会社エコアイランドの エコ・クリスタルウォール F☆☆☆☆
この粉を水を加え、よく攪拌していました。
IMG_3830n.jpg IMG_3830m.jpg


これが標準仕様だったので、他の塗り壁材を検討したりしませんでしたが
エコ・ウォールは、珪藻土の約1.5倍の吸放出能力を持ち マイナスイオンの生成や
遠赤外線効果、消臭・殺菌効果など、すぐれた機能を持つ天然素材由来の壁材だそうです。

紙袋の文字を手がかりに調べてみると、使われている材料については
χ(カイ)セラミックス
家庭用廃ガラスびん、天然土類、貝殻等を約900℃の高温で焼成した、
天然素材のセラミックス製品 薬品処理や化学的処理加工は一切行っておらず、
多孔質であるため、臭いや揮発性有害物質を吸着分解します。
漆喰
生石灰に水を加えて反応させた後、分級した粉末です。
伝統的な塗壁材として利用されています。
すさ(繊維)
親水性、吸水性、耐アルカリ性に特に優れた繊維を利用しています。
直接肌に触れても問題のない素材です。
顔料
本製品は、天然の土によって着色しています。
使用しているのは、中国黄土(黄)、紅土(赤)、若竹土(緑)です。
とありましたので、ここに記録しておきます。


1階の黄色い壁のパターン確認も トイレ部分で行われました。
塗られた時は 濃い黄色ですが、 乾くと かなり薄い色になるそうです。

IMG_3830l.jpg

2階のパターンは 面倒をかけさせてしまったので
1階は 職人さんが塗り慣れたパターンの コテ目少なめでと お願いしました。

一時的かもしれませんが、皆様のお陰で5位内に入れました!
ありがとうございます! 引き続きポチっとして下さると
↓更新の励みになります。
にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

CATEGORY : 内壁
THEME : 家作り日記 / GENRE : ライフ
DATE : 2008/06/13 (金) 09:31:40
COMMENT (6)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © yururi * house All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ 

FC2Blog Ranking



我が家づくりを記録しています。

ゆるり*

Author:ゆるり*
2008年3月着工、6月完成
ブルースホームで
ローコスト輸入住宅
フリープラン自己設計
2×6 高気密・高断熱
自然素材を使った 南欧風の
シンプルな おうちを建てました。



工事別 記事



月別 記事



new 記事



ブログ内検索



コメント



トラックバック



click!



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2ブックマーク



アクセスカウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。