スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

地縄確認

2008.03.02 *Sun
 はじめまして
 2×6 輸入住宅で 南欧風 自然素材を使った 家を建てることになりました。
 ここでは 建築の記録を残していきたいと思ってます。

 ビルダーは、いろいろ じっくり検討した結果 現在住んでいる輸入住宅を
 数年前に建てた時と同じビルダーに、お願いすることにしました。

 3月2日 日曜日 午前中 地縄の確認に立ち会いました。

 まずビルダーさんの説明を聞き、縄の張ってある周囲を歩いてみて
 紐を張った中に入ってみて、ここが玄関 ここがお風呂 ここが台所 ここが階段 
 ここが寝室。。。と 想定しながら確認し、窓から見える景色はどうか? 
 道路や周囲の家と、窓の位置に問題ないか? 
 完成した状態を想像しながら、じっくり確認してみました。

 
IMG_0525b.jpg


 敷地は微妙に菱形で、西に30度ぐらい傾いているので、建物を道路に対して15度ぐらい傾けています。

 草が生えていて 分かりにくいですが、赤い細紐が張っている所に 家が建ちますよという
 建ち位置の確認で、基準となる地盤面GL(グランドライン)の高さも確認しました。
 敷地は、道路から ほんの少し下がっているので、10cm程度高めに設定されました。
 紐で囲ってある建ち位置は、持参した30mの巻尺で 図面を見ながら 間違いがないか
 写真の右手前に写っている 境界杭の基準点から、実際に測定してみました。

 建築面積86.60㎡ 総二階建てで 述べ床面積171.51㎡ 51坪ちょっとの家ですが、
 こうして縄を張ってみると、周りの敷地が広いせいか
  (全体で2,000坪ぐらいあり、そのうち我が家の敷地部分は 1,388㎡で 420坪弱)
 「家...。 小さいな。。。」と、夫とふたり 同じ事を考えました。 

 でも横で店長さんが ひとこと  「やっぱり広いですね」と言ったのに 驚きました。
 現在この半分以下のサイズで建築中の現場があるとかで、そう感じたそうです。
 きっと うちも完成したら そんなに狭くも感じないのでしょうね。*^^*

 第三者の検査保証システムジャパンホームシールドJHSが 入ることになっており
 2月12日に地盤調査が行われましたが 調査ポイントは5ヶ所で
 全体的に 5mあたりで強くなるものの、それ以下の部分は 少し弱いということで
 柱状改良が提案されました。これが施工されてから 遣り方 基礎工事となります。
 日程があえば がんばって立会い 確認したり 写真も撮りたいなと思っています。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © yururi * house All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ 

FC2Blog Ranking



我が家づくりを記録しています。

ゆるり*

Author:ゆるり*
2008年3月着工、6月完成
ブルースホームで
ローコスト輸入住宅
フリープラン自己設計
2×6 高気密・高断熱
自然素材を使った 南欧風の
シンプルな おうちを建てました。



工事別 記事



月別 記事



new 記事



ブログ内検索



コメント



トラックバック



click!



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2ブックマーク



アクセスカウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。