スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

基礎工事-型枠はずし☆

2008.03.31 *Mon
3月31日(月) 雨 【雨のち晴れ】
午前中 現場に行ってみると、基礎屋さんと 現場監督さんの3人が
雨の中 カッパを着て 作業をしていました。 

IMG_1389b.jpg


現場監督は写真↓の右側 基礎立ち上がりコンクリートの天端を、レーザーレベルで測っています。
IMG_1389a.jpg

細かく何ヶ所かで測っているようでしたが
「誤差は ほとんど±0で、1ヶ所1mm程度です。許容範囲か? 
親方が削ってならすかどうか?という感じです。気になるようでしたら 測ってみてください。」
と言われました。 測り魔である事が 分かってしまったかな(笑)

そういえば現場監督は、コンクリート打設時に 
「この基礎やさんは丁寧で、基礎立ち上がりコンクリートの天端の誤差が 
ほとんどなく、あっても1mmぐらいなんですよ。」というような事を言ってたのですが
言葉通りに 誤差が少なく仕上がっていて 感心しました。

アンカーボルトの曲がりやズレも、想像していたより ずっと綺麗に出来ていると感じました。
田植えしていたので、こんなに綺麗に出来ると 正直期待してなかったのです。^^;
IMG_1389f.jpg  IMG_1389e.jpg


雨があがったので 乾いた所と まだ濡れている所があり 分かりづらいですが
コンクリート天端も ひび割れたりせず 綺麗に仕上がっていました。キラキラ

右の写真に写っている ヘラのようなものを 型枠に差し込んではずしたり 
天端などのコンクリート面を、綺麗にしたのではないかな?と思います。
IMG_1389g.jpg  IMG_1389h.jpg


基礎を見たり 写真を撮ったりしていると 親方から 「今から 綺麗に掃除しますからね」との声が、
鉄筋の偏よりを ビルダーに伝えてから、なんとなく気を使われているような気がする・・・。
警戒されてる??? そんなに神経質なほうではないのですが・・・ 汗;

掃除というのは この作業なのかな? 職人さんが ヘラのようなものがついたドリル?で
コンクリートのバリ? はみ出した部分などを取り除いて綺麗にし、そのゴミを集めて片付け 
溜まった雨水は、水抜き穴に流し込んで外に出し 基礎内部を綺麗にしてくれました。
IMG_1389i.jpg


基礎の表面も 特に目立ったヒビ割れや 粗骨材の砂利や砕石が見えるジャンカなどもないようで 
綺麗に仕上がっているんじゃないかな?と思いました。
IMG_1389j.jpg


IMG_1389k.jpg


10tトラックで運ばれた土を、親方がユンボを使って 基礎の周りに盛っていました。
IMG_1389c.jpg


10tの土も 基礎の周りに盛ったら あっという間に無くなってしまいました。
もっと周りにも土を入れたほうがいいかもな。。。
IMG_1389d.jpg


まだ工事途中だと思いますが、勝手口やガスボンベ置き場の コンクリート型枠が出来ていました。
IMG_1389l.jpg

IMG_1389m.jpg


この日は お天気が悪く 肌寒い中でしたが、現場近くの学校で桜が咲いていました。
付近一帯に この4倍ぐらいの桜が植えてあって しかも見に来ている人は
ほとんどいないので、穴場として ひそかに楽しめそうで 嬉しいデス。ウインク
IMG_1389n.jpg


IMG_1389o.jpg


    参加しています↓ ポチっと押して下さると嬉しいです!
 家 にほんブログ村 輸入住宅  絵文字名を入力してください インテリアブログ ナチュラルインテリア
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

勉強になります!
初めまして、楽しく、そして真面目に貴ブログを拝見させて頂いております。私もようやく最近、家を建てることにしましたので、貴ブログは大変勉強になります。
我が家はやや地盤が悪く湿式柱状改良を行いました。昨日はベタ基礎配筋をやっており、これから型枠組みです。
貴ブログを大いに参考にさせて頂きます。
2008/11/21(金) 10:49:10 | URL | Bun #H84T0CS. [Edit
Bunさんへ

ありがとうございます☆
真面目に見ていただいてるなんて 恐縮です。
おうちの工事が始まったとの事、おめでとうございます!
こんなつたないブログでも 何か参考になる点があれば幸いです。

家づくりをして感じたのは 興味を持ちにくい 
最初の方の工事が 重要であるということです。

「基礎」と「骨組み」 見えなくなってしまう 地味な部分ですが
丈夫な家かどうか そこで決まりますし
やり直しがしずらい場所です。

仕上げの工事になると やり替えのきく部分も多く
業者のミスは手直ししてもらえますし 内装や設備は
暮らしてみて 気に入らなかったら いつかリフォームもできます。

我が家も現場を見に行くのは 基礎と構造部分は念入りに
出来てくるにしたがって 頻度がヘリました。

Bunさんも これからの家づくり 楽しんで 頑張ってくださいね!!
2008/11/22(土) 08:29:25 | URL | ゆるり #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © yururi * house All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ 

FC2Blog Ranking



我が家づくりを記録しています。

ゆるり*

Author:ゆるり*
2008年3月着工、6月完成
ブルースホームで
ローコスト輸入住宅
フリープラン自己設計
2×6 高気密・高断熱
自然素材を使った 南欧風の
シンプルな おうちを建てました。



工事別 記事



月別 記事



new 記事



ブログ内検索



コメント



トラックバック



click!



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2ブックマーク



アクセスカウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。