スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

基礎-立ち上がり部分配筋作業

2008.03.20 *Thu
3月20日(木) 【天気:雨】
昨日は、作業の途中で帰って 見れなかった作業の
捨てコンクリートが足りなくなって 打ち継いだ所は どうなったのか?
その夜から 雨が降り続いていたので コンクリートの仕上がりも気になり
現場へ行ってみました。 「この雨だし 作業してないだろうな~」と思って 行ったら・・・
カッパを着た2人の職人さんが、雨の中 配筋作業をしておられました。 ご苦労様です。

床部分の砕石で盛り上がった所は、平らに均して転圧され
全体に 透明な防湿シートを 敷いてありました。
外周部の型枠も 立ち上げられていたので 中に入れなかったけれど
防湿シートの継ぎ手の重ねは、枠の外から見た感じでは
我が家の鉄筋のピッチ(間隔)が、20cmぐらいという事なので
それでサイズが大まかに分かります。20cm幅×2で、40cmぐらいあるようです。 
重ねた端は、きちんとテープで留めてありました。
image12.gif


我が家は 厚みのあるベタ基礎なので 必ずしも防湿シートは重要という訳ではないのでしょうけれど
敷いてあるほうが 配筋など作業も しやすくなるような感じでしょうかねっ ウインク
これが敷かれた防湿シートでしょうか 現場に置いてありました。
厚みは・・・ 0.1mm? 0.2mm?
IMG_0790f.jpg


現場に着いた時には 外周型枠で囲われて 防湿シートが全体に敷いてあり 
内側の 転圧した砕石や 捨てコンクリートの様子は 見れなくなっていたのですが
昨日あとちょっとという所で コンクリートが足りなくなった所も 打ち継いでありました。
打ち継いだいうことも 見た目では 全然分からないよう きれいに施工されていました。
image10.gif


雨で 捨てコンクリートが 全部ドロドロに流れていないか? が気になっていたのですが
少し表面が流されて 砂利が見えて気になったのは この一部だけで
IMG_0790b.jpg


後は、降った割には このように綺麗に固まっていたので ホッとしました。
IMG_0790c.jpg


外周部の型枠(鋼製)を このような金具を使って 
捨てコンクリートの上に固定してありました。
上下止め金具と呼ばれる、幅止め金具でしょうか
IMG_0790e.jpg


このような金具で 型枠と型枠を つないでありました。
IMG_0790d.jpg


外周部の型枠には ドーナツ型の プラスチックのスペーサーが使われていました。
IMG_0790g.jpg


これで鉄筋が片寄らないようにし コンクリートかぶり厚も取れそうですね。
IMG_0790h.jpg


今日の作業 ユニット鉄筋を使って 立ち上がりの配筋作業が終ったところです。
外周部の型枠には つっかえ棒がしてあります。
image8.gif

この続きとベース床部分の配筋作業は 明日続きます。

参加しています↓ ポチっと押して下さると嬉しいです!
家 にほんブログ村 輸入住宅  絵文字名を入力してください インテリアブログ ナチュラルインテリア 
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © yururi * house All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM

人気ブログランキング


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ

にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルインテリアへ 

FC2Blog Ranking



我が家づくりを記録しています。

ゆるり*

Author:ゆるり*
2008年3月着工、6月完成
ブルースホームで
ローコスト輸入住宅
フリープラン自己設計
2×6 高気密・高断熱
自然素材を使った 南欧風の
シンプルな おうちを建てました。



工事別 記事



月別 記事



new 記事



ブログ内検索



コメント



トラックバック



click!



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



FC2ブックマーク



アクセスカウンター



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。